2015年05月07日

三項演算子を使った、コンボボックスのデータの再表示

三項演算子 : PHP オンラインマニュアル

マニュアルでは少し解りにくいところ(比較演算子)にありますが、構文自体は昔からあるオーソドックスなものです。

PHP でコンボボックスを扱う場合、送信後の画面で送信前に選択した内容を同じ状態で選択するには、PHP 側で意図的に selected を OPTION 要素の中に書き込む必要があります。その場合、以下のように記述しておくと余計なコードを他の場所に書かなくて済むのでとても使いやすいはずです。
<select id="action_file"
	name="php_file">
	<option value="log3.php"
		<?= $_GET["php_file"] == "log3.php" ? "selected" : "" ?> >連結演算子で文字列の連結
	</option>
	<option value="log4.php"
		<?= $_GET["php_file"] == "log4.php" ? "selected" : "" ?> >文字列内に変数を埋め込んで連結
	</option>
</select>



タグ:PHPの基本
posted by at 2015-05-07 11:16 | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする