2014年09月14日

JavaScript : 3秒後に何かを実行する処理

setTimeout メソッドを使います。

IE 関しては、第三引数が使えるのは IE10 からです。第3引数(第4、第5…)は、タイマーをセットした段階で有効な値をタイマー関数に引き渡す事ができます。

使い方 その(3) は、eval と同等なので予期せぬ悪意ある者の影響を受けたかもしれない文字列が含まれている可能性を排除できないので、一般的には使わないように言われています。

ただ、実際問題として文字列として処理を書くのは不便なので使用している場面は少ないものと思われます。
<script type="text/javascript">

// ***********************************
// 使い方 その(1)
// ***********************************
setTimeout( function( a ) {
	console.log("無名 function");
	console.log( a );
}, 3000, "引数1" )

// ***********************************
// 使い方 その(2)
// ***********************************
function my_func(a) {
	console.log("my_func");
	console.log( a );
}
setTimeout( my_func, 3000, "引数2" )

// ***********************************
// 使い方 その(3)
// ***********************************
setTimeout( "console.log('文字列処理');", 3000 )


// ***********************************
// 引数の有効さの確認
// ***********************************
function my_func_v() {

	var local_v = "実行時の値"

	setTimeout( function( a ) {
		console.log("無名 function");
		console.log( a );
	}, 3000, local_v )

}
my_func_v();


</script>


【JavaScriptの最新記事】
posted by at 2014-09-14 00:44 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする